◆ごあいさつ


ようこそ!岐阜県ホッケー協会(GHA)のホームページへ

 

岐阜県ホッケー協会 会長  喜久生 明男

 

 日本のホッケーの始まりは1906年(明治39年)とされ、100年以上の歴史があります。岐阜県ホッケー協会は岐阜県内でホッケー大好きなスポーツ愛好家からオリンピックを目指す人までが集まる任意の団体ですが、日本体育協会、岐阜県体育協会の下部組織のひとつであり、日本ホッケー協会の中で岐阜県を代表する団体です。岐阜県各務原市には川崎重工ホッケースタジアム(岐阜県グリーンスタジアム)という東洋一のホッケーグランドがあり、ホッケー競技のナショナルトレーニングセンターとして日本代表チームの本拠地でもあります。このグランドを利用して国内の大会や国際大会などを実施することに岐阜県ホッケー協会は主管協会として協力しています。

 岐阜県ホッケー協会の登録選手の中から、オリンピック選手、オリンピック代表チームの監督やコーチなどを多く輩出しています。社会人、大学生、高校生、中学生、スポーツ少年団まで幅広い年代層の選手がそれぞれの分野でホッケーを楽しみ、競技に参加して全国大会で活躍しています。岐阜県ホッケー協会はこれらの競技選手の支えとなり、応援できる協会でありたいと思っています。

 また、ホッケーを楽しみ、身体と心の健康増進を図り、結果として健康寿命を永らえることは将来的に介護のお世話になる時間が短くなり、家族にも社会にも負担をかける時間が短くでき、それだけ社会貢献をすることにつながります。ホッケーをスポーツとして広く認知していただき、一緒にホッケーを楽しめる機会を提供することも協会の大切な活動として取り組んでいます。

 今後はこのホームページを通して、ホッケーのさまざまなイベント告知や大会結果、岐阜県に関わりのある選手たちの活躍を知っていただくとともに、イベントへの参加や協力をお願いして、一緒に岐阜県ホッケー協会を盛り上げていただきたいと考えています。